笑顔で愛嬌のある人が好機を逃さずに夢を掴む!?

有名な故事ことわざに”男は度胸、女は愛嬌”があります。

男性にとって大切なことは決断力であり、女性にとって大切なことは、にこやかに可愛らしく振舞いであることを表した言葉ですが、最近では草食系男子なんて言葉も流行っていたくらいですから、決断力に乏しい男子も多いようですね。

しかし愛嬌(特に女性)は絶対必要なようで、それは普段の生活や就職活動でも求められると聞きます。そもそも愛嬌って何でしょうか!?

愛嬌とは、接っしていて好感が持てる様子のこと

なぜ藪から棒にこんな話をしてるかと言えば、愛嬌がある人の元には人や運が集まってくるらしいからです。

スポンサーリンク

オーディション合格は運が大切であると言われるけど…

オーディション合格には運の要素が重要であると言われる方がいますが、とは何か!?

掴めそうなんだけど、中々掴めないモノであると、私は勝手にイメージしていましたが、とある本には”運とは超常現象を差している訳ではない”と書かれていました。

「運」とは決して、怪しげな超常現象のことを指しているわけではない。「運」とは文字通り、「運ばれてくる好機」である。そして「好機」を運んできてくれるのは、自分のことを気に入ってくれている、良好な関係を築いている他人にほかならない。

運がいい人は総じて、リラックスしていて、肯定的で、明るくニコニコ笑っており、一緒にいる人を幸せな気分にさせるとも紹介されていました。

ちなみにこれらの事は、日ナレのレッスン中でも似たような事を言われています↓↓↓

体が固まり、緊張してれば良い発声は出来ないので、ストレッチして体をリラックスさせますし、台本を読む時は穿った見方をせず、まずは素直な気持ちで読むように諭されます。

まだどの講師の方も、必ず笑う演技を練習するように指導されますし、声優や役者は作品を通して表現し、人を感動させたり、幸せにする素晴らしい職業です。

愛嬌のある人が好機を掴み、オーディション合格出来るのかも…

日常生活でも同じことが言えると思います。

愛嬌のある人になるためにはどうすれば!?

無愛想な人より、愛嬌のある人の方が良いのは分かりますが、どうすれば良いのか!?

ちなみに愛嬌のある女性芸能人の仕草を挙げられていた方がおり、ちょっと面白かったので紹介します。決して推奨はしませんけど…

  • ハイトーンで話す
  • 舌の短い話し方
  • 身体をひねる
  • まとわり付く感じ(「ねえ、分からない」という言葉と一緒に)
  • その場でトントンと跳ねる
  • 自身を一人称ではなく三人称で表現する話し方
  • 過度な擬声語、感嘆詞

過度なやり過ぎは愛嬌と言うより、ブリッ子だと認識されてしまいますが、3番目の身体をひねるなどは馬鹿でイタい奴とのレッテルを貼られるかもしれませんね。

冒頭でも書いたとおり、愛嬌の基本は笑顔でいることだと思われます↓↓↓

声優を目指すなら笑顔と笑う技術は求められる

先日テレビで、とあるアイドルの方が、表情に乏しい事を事務所の方々から指摘され、笑顔になる(つくる)練習をしていた談話をされていました。一般的にも言われる割り箸を使った練習方法で、毎日割り箸を噛んで口角を上げる練習をされていたようです。

滑舌を改善するために割り箸を使う練習方法は有名ですが、笑顔(口角を上げる)の練習としても割り箸の活用は一石二鳥なのかもしれません。

プロ声優になる確率を少しでも上げる為の練習方法

いかがだったでしょうか

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

この記事が気に入りましたらシェアしていただけると励みになります!!

スポンサーリンク