雛乃木まや氏の高いセルフブランディング能力

日ナレみたいな声優系専門学校に入所される方の多くが、アーツ・アイムなど大手有名声優事務所を目指します。仮に所属出来なかった場合、マイナーでも良いので、とにかく声優事務所への所属を目標にする方が多い。

決して間違いではないし、何も知識や経験の無い方には、適正を見る意味合いでも、実績ある養成所への入所するのが、一番無難で確率が高い選択肢ではないかな…

と個人的にも感じます。

間違いではないんだけど、世の中にはこんな方がいるのも知っておくと幅が広がりますよ↓↓↓

雛乃木まやプロフィール

YouTube動画のナレーションや朗読、アフレコなどをココナラで提供されているようですが、ビックリしたのは↓↓↓

ご自身でちゃんとサイトを立ち上げ、個人ブランディングされているところ

デザインも人となりを表しているようで、正直私のブログよりもかなり見易いです(;^_^

スポンサーリンク

雛乃木まや(ひなのぎ まや)氏について

プロフィールを見た感じでは、元々声優業で無かったようです。

小説&ライター&漫画原作&シナリオ&詩をメインで活動されてるようですが、少し前からココナラ等で声優業を始め、2015年にはココナラ動画&音声ナレーション売れ筋ランキング1位実績を取ったとか…

声のお仕事では、以下をされてるようですが、幅広いですねぇ〜。

  • 企業CMナレーション
  • Youtube動画ナレーション
  • イベントパーティーナレーション
  • E☆エブリスタで書籍化やコミック化されている「くくり姫」の紬役と柚利役で朗読。
  • インディーズ映画アフレコ
  • ウグイス嬢
  • 小説・コラム・記事・詩の執筆

昨今ではランサーズのようなクラウドソーシング、ココナラなどのサービスが生まれていますが、幾分かチャンスは増えてるのかも…

この方が過去に、声優系養成所や劇団等で活動されていたか不明ですが…

事務所に所属せず?とも声優業は出来るみたい。

お問い合わせフォームやサンプル音声、口コミ・レビューの掲載など、ここまで来るとホントにプロですが、さすがに声優を目指す一般の養成所生には、厳しいかもしれませんね。

オーディションでも限られた時間の中で、審査員に自分をプレゼンする必要があります。

こえ部などで中途半端な音源を上げる前に、どうやって自分を魅せるか

それを考える意味でも、参考になることは多いと思います。

プロ声優って何だろう!?事務所への所属が全てか!?

事務所に所属し、プロ声優としてアニメや外画に出演することは多くの人の目標。

しかし一体、何をもってプロ声優と言うのでしょうか!?

以前何かのラジオで神谷氏と福山氏が『自分でプロ声優です』って言っちゃえば、プロ声優ではないの?的なことを言われていました。

確かにプロ声優って定義って難しいですが、事務所に所属せずとも、お金を払って、自分のナレーション等を買ってくれる方が世の中にいて、ビジネスが成り立つのであれば、立派なプロ声優の仕事と言えるじゃないでしょうかね。

やるにしても、最低限基礎や演技の本質を学んだ方でなければNG

とは言っても、学び始めて1〜2年の素人に毛が生えたレベルでは、聞くに耐えないので、そーゆー人はココナラとかは利用しない方が良いかなとは思います。(自分でサイト作って、ブランディングするのはアリだと思いますけど)

まあ所属できることに越したことは無いですけど…

いかがだったでしょうか

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

この記事が気に入りましたらシェアしていただけると励みになります!!

スポンサーリンク