岩田光央氏の声優道 死ぬまで「声」で食う極意

大塚明夫氏に次いで、最近は色んな声優さんが「声優とは何か!?声優業界とはどんな世界なのか」について、厳しく辛辣な意見をまとめた書籍を出版されている。声優志望者が増えている昨今、一線で活躍されているプロ声優が、コレ系の書籍を出すのは良い事だと思われる。

今現在、講師をされている声優・岩田光央氏もその一人。

そんな同氏のインタビュー記事が大変興味深かった。

スポンサーリンク

声優志望者は自分と向き合えていないorz

のっけから大変耳の痛い話だ。

声優志望者に限らず、自分と向き合えていない人は多いのではなかろうか。

多くの生徒が声優を“漠然とした夢”のように捉えている。『声優は職業』という認識が薄いままだと、結果的に養成所や専門学校が潤うだけ。声優専門学校は、言い方を変えれば“職業訓練校”です。

自分の時も多分殆どの人が、漠然とした夢でしか捉えていなかった。

職業を訓練する学校に通っているんだと考えれば、漠然とした憧れだけではいられないはずです。別に『声優って厳しいんだぞ!』と過剰に煽るつもりはありません。声優に限らず、どの仕事も厳しいのは当然のこと。単純に、もっと客観的に理解してほしいんです。

多くの人が「声優=アニメ」と思い込んでいる事にも言及されていた。

確かに『声優の声』はアニメだけでなく、テレビCMやナレーション、遊戯施設や電車のアナウンスなど多岐に渡る。また最近では、アニメDVDが殆ど売れず(最盛期は1万枚だが最近は3000枚売れれば良い時代)なので、回収出来なかった売上をイベント等で補う必要がある。

つまり声優自体が露出するケースが多くあり、一昔と違って、より一層容姿やトーク技術などが求められる職業。多分他にも素人では分からないような色んな仕事があると思われる。

上に挙げた仕事をこなす為には一体どうすれば良いのか!?

まず声優としてのスキル(滑舌・発声・演技力)、更にイベント等を意識し、容姿を磨くための美容・化粧技術やファッション、イベントで活躍するためのトーク技術などは、恐らく高確率で求められるスキル。

それらを磨く場の一つが養成所であり、少なくとも上に挙げた仕事内容などを具体的にイメージ出来れば、日々何となく養成所に通うだけでは絶対プロにはなれないし、仮にプロになっても続かない事は容易に想像できる。ホント大変大変。

目的(プロ声優になり活躍する)に対し、具体的に何を何時までにやれば達成出来るか、そのプロセスの中で課題が出来たら、どのように解決するのか?など、これはプロ声優に限らず、どんな仕事でも求められる。

とは言いつつも、自分の欲を大事にするべき

とある有名な個性派俳優の話をされていた。

ある有名な俳優さんの話になりますが、彼のモチベーションは『とにかくチヤホヤされたい』でしたから(笑)。彼が無名だった頃、何度か一緒にお芝居していたんですが、彼は一貫して『俺、チヤホヤされたいんすよ』と言ってたんです。その後、個性派俳優として大ブレイクした彼に『すごい活躍だね。もうかなわないよ』と告げたら、不機嫌そうに『俺、知ってんすよ。岩田さん、“ネオロマ”とかいう作品で、チヤホヤされまくってるらしいじゃないすか』って(笑)

今も一線で活躍している俳優さんらしい。

本当にコイツはすごいなと。彼にとってのチヤホヤって、それだけの動機付けなんです。本気でチヤホヤされたくて、そのために本気で努力を続けている。だから、いまでも一線で活躍できる。アイドル声優を目指す人も、彼みたいに本気で打ち込んでほしいですね。シンプルでいいんですよ。『人を感動させるために~』とか言われると、内心でふざけんなとか思っちゃいますから(笑)。良い意味で、自分の欲を大切にしてほしい。その結果が、人に感動を与える演技やパフォーマンスにつながるんです。

あの下ネタで有名な岩田氏の本心が聞けた感じがする話だった。

アイドル声優は“旬”にどう動くかが大切

この話題も耳にタコが出来るくらい、色んな人が言及しているので聞き飽きた方も多いと思うが、岩田氏自身も”受け皿が広く深い業界”と言いつつ、”使い捨て”にされる印象だと言及されていた。

「旬の人気」を「実力の人気」と勘違いしてはいけない.

コレはこれからプロ声優を目指そうとお考えの方には関係の無い話かもしれないけど…

ちなみアイドル声優に限った話ではなく、むしろ声優業界に限った話でも無いかもしれないが、誰しも将来に何かしらの不安を抱えている。岩田氏のインタビュー記事を見ていると、オススメの記事で「【悲報】喜多村英梨ことキタエリ、声優としての将来に不安を感じ咽び泣く」が紹介されていた。

短冊には彼女の本心が書かれており、”悲痛な叫び””闇が深そう”など言われていた。彼女だけでなく、沢山の声優さんが同様の悩みを抱えられていると思われる。

声優も声優事務所も、過渡期を迎えている

人気商売になったことで、今後はより一層声優たちもプライベートに気を遣う必要があると言及されていた。たまたま私がインタビュー記事を見つけた日、人気声優浪川大輔氏の不倫報道がYahooトップニュースになっていたw

一昔前では声優さんの不倫話がニュースになるなんて考えられなかったけど、それだけ人気商売になった証拠。最近ではtwitterを使う声優さんも多く、中にはYoutubeに動画投稿している方もいるみたいだけど、コンプライアンスには十分注意しなければならないみたい。。。

いかがだったでしょうか

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

この記事が気に入りましたらシェアしていただけると励みになります!!

スポンサーリンク