緩急高低遠近強弱を意識すれば表現は変わるかも

多くの方がよーーーーく講師から指摘されること↓↓↓

お芝居が単調になっているよ!!

演技が単調になってしまうと悩んだら、声の緩急高低遠近強弱が表現出来ているか確認。

コレが出来ていれば、リアリティーや奥行きが感じられると言われています。

スポンサーリンク

緩急について

緩急なので端的に言えば、口調をゆっくりにしたり、早くしたりすること。

人間は常に動いているので、表現もずっと一本調子にならない!!

例えば役が走っていれば、息苦しいので息切れしながらゆっくり喋ったり、サッカーやバスケをやっていれば動きながらでも急ぎ口調で声をかけあったりします。

身体的変化・精神的変化により、緩急が生まれる!!

精神的な変化からも緩急は生まれます。

大勢の前で話す時のように極度に緊張したり、自分の好きなことについて話したりする時は、人は早口になりがち。普段の生活でどんな時に早口になるのか、どんな時にゆっくりになるのか、他人を観察してみると良いかも…

高低について

高低なので役柄の声が高音・低音と思いがちだが若干違うかも…

声の高低を利用して役の目線を表現すること!!

声のみの表現で左右は表現できないけど、高低(上下)は表現することができます。

上の対象を見て話す時は声が高くなり、下の対象を見て話す場合は声が低くなる。

演じる役が若かければ高い声、渋めの役であれば低い声になったり、演じる役によっても高低は変わるけど、高低で役の目線が聞き手に伝われば尚良し!!

遠近について

遠近は距離感を表現するために必須です。

距離が離れていれば、離れている分だけ遠くに投げかけようとする。

対象に近い時と遠い時の表現を意識的に変える。

演技に芝居に奥行きが出ると言われました。

また距離感は単純に役同士の物理的な距離感を表現するだけでなく、役同士の関係性や親密度合いも表現することが出来ます。

強弱について

表現の強い・弱いですね。役の感情が高ぶったり、重要な言葉を強調したり。

最初の頃は意味もなく強弱を使い、ちぐはぐな解釈になる方が結構多いけど…

また強くするだけでなく、あえて弱いを使い分けると、表現にメリハリが生まれます。

普段の練習から具体的な映像を頭に思い浮かべて練習していないと、いざ本番になっても中々できるものではない。初めの頃は、台本に細かくどう表現するのかプランを書いて練習することをオススメ!!

ナレーションについて

役だけでなく、ナレーションについても緩急高低遠近強弱があります。ただナレーションの場合、いろいろな読み方があり、第三者的な目線か、主役に寄り添うナレーションなのかなど、立ち位置によって距離感や目線・強弱などの表現が変わってきます。

そしてこれら演技的要素を表現するには滑舌が必須です↓↓↓

プロ声優になる確率を少しでも上げる為の練習方法

いかがだったでしょうか

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

この記事が気に入りましたらシェアしていただけると励みになります!!

スポンサーリンク