日ナレの田村知久氏に学ぶレッスンの臨み方

日ナレ事務局で有名な田村知久氏

アニメイトのインタビューに答えられている記事を目にしました。東京校であれば初回レッスン時に見かけることも多い方ですが、インタビュー内容と当時言われていたことは重なる部分が多い。

ちなみに田村氏も以前は役者であり、経験を踏まえかなり親身になって相談に乗ってくれるらしい。友人の話では代々木〜新宿間を歩いていると、たま〜に見かけることがあるらしい。

スポンサーリンク

日ナレ入所時に見られる本人の可能性とは!?

入所面接時には本人の可能性を見る意味で3つのポイントがあるらしい↓↓↓

  • 声の質
  • 持ち前の明るさ
  • 熱意

本人の明るさや声優になりたい熱意が無ければ、当然門前払ということでしょう。

何をやるにしてもポジティブであるに越したことはない。

持ち前の明るさや熱意は入所試験同様に、レッスン時にも必要です。声の質は訓練でどんどん向上し良い声になっていきます。

俳優に必要な3つ要素とは!?

田村氏によれば、俳優になるためには3つのことが大切らしい↓↓↓

  • 体のやわらかさ
  • 頭のやわらかさ
  • ハートのやわらかさ

どんな職業にも通じることですが、時には柔軟に人の意見に耳を傾け、時には自分の意見を持ち、広い視野を持って、お芝居をやる必要がある。とても難しいことだけど…

ちなみに現役日ナレ生&面接受ける方に対する印象について↓↓↓

狭い視野で物事を見てしまう人が多いように思われます。現状としては、男性で目立つ人が少なくなってきています。女性の方がアピールの仕方が上手ですね。ですから私達スタッフも、各クラスに行っては「男性頑張れ!」とハッパをかけていたりしますwww

私含め、狭い視野の方は本当に多い印象でしたねwww

また女性の方がアピール上手なのも納得のご意見。関連会社オーディションで受かる多くの方が女性だし、生物学的にも男性は女性よりも劣っているらしいですよ。

毎回「男ガンバレ」と言われていました。

日頃から心掛けた方が良いこととは!?

どんな職業でもそうだけど、俳優は特に日々の勉強が必要。

色んな人間観察も含めて、新聞を読んだり、浅くても構わない。

とにかく色んな情報を得た方がいいと思います。

今の世の中、手軽に色々な情報を得ることが出来るので、やらない人は怠慢以外の何者でもないでしょう。もしプロになり、ラジオで喋る場合、情報が無ければ何も話せないことにも言及されています。

あと月並みですが↓↓↓

やっぱり台本は活字の集合なので、本は読んでおいた方が良い。

私も養成所や劇団でお芝居をする中で、読書の必要性は痛感させられました。

田村氏が考える日ナレの魅力について

色々ありますが、これが一番の魅力らしい↓↓↓

リスクを負わないということ!!

誰にでも声優になるための入り口に立つことができるのは魅力ですね。

しかし同時に、週1回3時間のレッスンで上達するカリキュラムなど、この世の中に存在しないことも強く言われています。コレが出来てる人はホント少ない↓↓↓

何よりも大切なことは、残り6日間と21時間をどう過ごすか!?

レッスンをオーディションくらいの意識を持っている人は、オーディションで合格できる可能性があるとのこと。

学生、社会人、ニートだろうと、日頃の生活の合間を縫って課題に目を通すなど、目的意識の有無で天と地の差が開いてきます。やっぱり時間の使い方が下手な方には厳しいと思います。

いかがだったでしょうか

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

この記事が気に入りましたらシェアしていただけると励みになります!!

スポンサーリンク