日ナレのレッスンでもオシャレな服装で臨もう

20

日ナレには色んな講師の方がいらっしゃいますが、カリキュラムや内容も随分違います。

発声・滑舌の訓練、舞台芝居やマイク前レッスンはどの講師でもやりますが、中には一風変わったレッスンカリキュラムがあります↓↓↓

その1つがファッションショー形式のレッスン。

以前に増して、声優さんのメディアへの露出を反映してか、見た目&ファッションの重要性に言及される講師もいますが、どの講師でもやる訳ではなく、大阪校在籍時に大阪校・講師I氏のクラスでは、四半期毎に開催されていました。

スポンサーリンク

ファッションショー形式のレッスンって何やるの!?

パリコレ東京ガールズコレクションみたく本格的ではないけど、レッスンスタジオ両端に生徒が分かれて座り、真ん中に開いた道を一人一人ウォーキングしていきます。

四半期毎に行われるので、春夏秋冬の季節に合わせた服装が大切

レッスン生には何かテーマを決めて臨む様に言われます。

ウォーキングが終われば、どこが良かったか悪かったか、悪い場合は改善点などを講師&生徒みんなで議論し合うスタイル。

  • ファッションセンスが自信が無ければ、第一に清潔感を意識する
  • 自分に合うスタイル・色を見つけ出す
  • 人となりを表す特徴を持たせること

上に挙げたことがよく議論される内容でしたが、全体的に奇抜で個性的なファッションの方もいます(特に男性)

やっぱり女性は見せ方が上手い印象。

基礎科なのか、本科なのか、研修科なのかでクラスの年齢層も違いますが、上のクラスに上がるほどファッションに気を配っているような気もします。

何でファッションショーなんてやるの!?

最近の声優さんのメディア露出を考慮してのことかもですが、特に地方校の場合、少しでも東京事務局に良い印象を与える目的もあったみたい。

半年毎に東京から事務局の方々がいらっしゃいますが、必ずすれ違う際には元気に挨拶すること、レッスンでは積極的にアピールすることを言われました。

その際に服装が汚かったり、乱れてれば良い印象は与えられない。

ちなみに当時大阪校に通う男性の服装は、東京校に比べて全身黒色の割合が多く、事務局の方はちょっとどうなの的なことを言われていたそうです。

ちょっと個性が無いんじゃない?

って意味合いだと思いますが…

黒を否定する訳ではありませんが、明るく活発な青年ならば少しを入れてみるとか、爽やかさをアピールするために、マリンルックを取り入れるべきとか、色々指摘されてました。

ちなみに話は変わりますが、以前アメトーークのロンブー同期芸人の回で、ロンブー淳がこんなことを言っていました↓↓↓

家賃を滞納してでも服を買う。

当時お笑いステージの投票では、かっこよくないと女の子の票をもらえないと分析していたので、芸人として面白くなろうとは全く考えていなかったそうです。

いずれにせよ事務局は、普段からレッスン生の細かい仕草や服装まで結構見てるみたい。

いかがだったでしょうか

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

この記事が気に入りましたらシェアしていただけると励みになります!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク