日ナレレッスンの臨み方と題材について考えよう

お芝居を考える上で避けて通れない役作り。

どのように役作りに取り組めば良いか、悩まれる方は多いと思います。

一人で考える時間も大切だけど、多くの人の意見を聞くのも大切!!

もちろんまずは一人で考える事が大切ですが、時間は限られています。多くの人と繋がって、意見を聞いてみるこ柔軟さも大切。

そしてコレも大切です↓↓↓

舞台台本を通して、書かれたことを忠実に表現すること!!

書かれた事を忠実に表現出来ない方は、やっぱり評価も良くありませんでした。

書かれたことを忠実に表現出来る方は、デフォルメした表現も出来る人が多かったです。

スポンサーリンク

題材① 自由度が高い数枚の題材

これは詩や作家の書いた台本の一部抜粋など、2〜3時間の短時間で消化しやすい題材。

基礎科では基礎訓練、研修科では即興演技力を見られるかも…

どの科にいても触れる機会があるかもしれません。

書かれていないことを、演者が補填する作業も必要!!

こういった題材は情報量が少ないからこそ、良い意味でも悪い意味でも自由度が高い。最低限書かれていることを守る必要はあるけど、ある程度デフォルメしての演技も考えられます。

よく言われたのは、想像力を働かせて自由に表現すること。

かと言って守りに入るのは面白くないので、本当にセンス問われます。

ただし自由と勘違いを履き違えてしまうこともあり加減が非常に難しいです。

題材② 舞台のような長丁場の題材

2〜3ヶ月の長い期間を掛け、一つの題材で役作りをしていきます。

基本は台本に書かれたことを理解し、忠実に表現する!!

以前に講師の方にこんな事を言われました↓↓↓

良質な台本は台本通りにやれば、観る側の心に響くようになっている。

人を感動させてやろうとか奢った心を持たずに、台本を正しく読んで正しく理解し、台本通りにやることが大事。とにかくナチュラルでいましょう。

台本を正しく読んで理解するっと何か!?

私はこんな解釈をしていました↓↓↓

役の行動を論理的に解釈し、行動を明確にイメージすること!!

台本全体を何度も読んで、自分の役と他者が接する時、どういう意図で言葉を発するか、どう思ったか、どういう行動に移るか、また何故そのような行動に至ったのかを、論理的に考え、つじつまが合うかを確認。

長編台本の場合、台本の中に理由が書かれています。

矛盾するけど、素人が一つ一つの文章に固執しすぎるのも良くないです(;^_^

プロの役者は一字一句の意味を考える必要もあるらしいですが、養成所レベルはそこまでは求められません。

まずはセンテンスレベルで理解出来れば良いとか

無駄にダベるだけなら、さっさと帰ろうよ

東京代々木校の場合、駅近くにあるサイゼリアとマックは、レッスン終わりの生徒で賑わっています。個人的には、長々と生産性のない時間を過ごすなら帰って練習すべきだと思う↓↓↓

無駄にダベる時間を、台本読みに充てよう!!

ただし中には意識の高い人(勿論実力も伴ってる人)もいるので、そういう方とはレッスン終わりにでもご飯を食べながら、お芝居の話をしたり、どこが良くてどこが悪いのか、練習方法など生産性のある話も出来るかもしれません。

同じ講師が受け持つ、他のクラスとも繋がる

毎年講師が変わると、レッスン内容もガラッと変わります。

私も年が変わると講師の教え方の違いに面食らいましたが、だからこそ自分が在籍しているクラスの人とは勿論、他のクラスの人と繋がりを持っていた方が良いと感じます。

特に同じ講師が受け持つ、他のクラスの子とは是非!!

取り組む題材によっては、週1の3時間レッスンでは、役作りの答えを見つけ出すことは難しい。同じ講師の方と繋がり、一緒に協力した方が、講師によっては良いこともあります。

自分一人で答えを出せる人は少ないし、自分では気付かないことも、他人であれば気づくことも沢山ある。逆もしかり。そこはお互い切磋琢磨していく意味でも!!

また研修科になると、日ナレ退所後に別の養成所に入所される方がちらほらいます。クラスが離れても、そーゆー方とは極力コンタクトを取り続け、日ナレとの違いなども聞いておくべきでしょう。

仮にプロになり、現場に出れば、色々な演出家や音響監督の方と一緒にお仕事をします。もちろん人の数だけやり方も違う訳ですから、毎年講師が変わっても、柔軟に対応し、適応力を身につけておく事は非常に大切な事です。

ダーウィンも唯一生き残るのは、変化できる者って言ってましたね。

どの講師に教わるか、順番も結構大切かも!?

レッスン生は曜日&時間帯はリクエスト出来ても、講師までは指定出来ません。

日ナレには素晴らしい講師が沢山いるが、教わる順番って結構大事かも…

これは辞めた今になってよく思うこと。教わる順番が違えば、結果も全然違うんだろうなと感じます。どういう順番がいいか一概には言えませんけど…

まあコレばっかりは悩んでも仕方ないですけどね〜。

プロ声優になる確率を少しでも上げる為の練習方法

いかがだったでしょうか

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

この記事が気に入りましたらシェアしていただけると励みになります!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク