日ナレの研修科は事務所へ所属か退所かの分岐点

日ナレで声優を目指す方にとって、研修科は待ちに待ったマイク前での演技レッスン。マイク前での演技が中心になりますが…

特に大事だと思われることをいくつご紹介↓↓↓

外画は1.5倍、アニメは3倍は力を入れて演じること!!

コレ自分はやりきったと思ってても、録音されたものを聴いてみると、明らかに絵に負けてたりする。ただコレばかり意識してると、それはそれで困りもの。

自分本位なアニメ芝居になってしまう方もちらほら出てくるので(;^_^

スポンサーリンク

日々のレッスンをオーディション対策と捉えて臨む!!

日ナレに来る人の大半は、関連会社オーディションに合格して、アーツやアイムに所属することを目標にしてます。

当然ですよね!?

研修科は最後のクラスなので、オーディションに役立つ実践的なことも色々教えてくれます。

とある講師は、オーディション対策で部屋に入ってくる時の『立ち振る舞い・笑顔・挨拶のやり方』など、何処のオーディションを受けるにしても役立つ内容を教えてくれたり。

コレがものすごーーーーーーーーーーーーく大切。

また別の講師の場合、演技指導は勿論、『服装・オシャレ』にも気をつかうように指導され、定期的にファッションショーが開催されてました。そんな講師に当たらずとも、普段のレッスンではヒントになることを話しているので、しっかりと耳を傾けましょう。

オススメ記事

マイク前演技は大事だけど、基礎と役作りが大事!!

基礎&本科で講師に言われたことや、基礎練習は自宅や公園などで出来ますが、研修科レッスンのマイクを使った練習は、なかなか個人でやることは難しい。マイクを通しての練習は出来ませんが、しかし声のみの表現も舞台表現も根幹は同じはず!!

また研修科でも、基礎科・本科と同様に、発声・滑舌の基礎能力向上と、台本の役と真正面から向き合うことだと思います。

むしろ研修科だからこそ大事だし、役者目指すのであれば一生大事なはず↓↓↓

演技の本質的なことを考える時間は、定期的にとった方が良いかもしれません!!

声ならではの技術も大切なので、オーディション対策やボイサンは抜かりなく↓↓↓

オススメ記事

辞めるのも勇気です!!

まあどれだけ頑張っても、または頑張ったと思っていても、どうにもならんことはあります。

基準を設けてダメだと思ったら、潔く身を引くのも大切なこと!!

どんなに基礎訓練を積み、実力がある人でも、事務所の色には合わないからという理由で落とされるし、研修科までストレートで進めば、最短3年間を日ナレで過ごすことになります。

ダラダラと通い続けるのは良くないです。

そして悩んだ時はこーゆー本を読んで己を見つめ直しましょう↓↓↓

また声優事務所に所属することが、声優業のすべてはありません。声の仕事に携わることは、声優事務所に所属せずとも出来ることはあるので、学んだ経験を活かして次のステップに進むことも考慮に入れましょう↓↓↓

オススメ記事

頑張ってきた方ほど、辞める時は悩むと思いますがね(;^_^

いかがだったでしょうか

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

この記事が気に入りましたらシェアしていただけると励みになります!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク