プロ声優になる確率を少しでも上げる為の練習方法

プロ声優になるためには、当然声優の技術が必要になります。

では一体どうすれば、”プロ声優に必要な技術” が身につくのか!?

声優も芸能人なので売り出すために、声優としての技術以外にも色々求められると思いますが、講師の方や周りでプロ声優になった方々の話を元に、”プロ声優になる確率を少しでも上げる為の練習方法”を幾つかご紹介。

スポンサーリンク

凡人はまず滑舌の強化に徹するべし

コレが出来なければ話にならないので、一番最初に挙げさせて頂きました。

日ナレに限らず、声優を目指すならばどの声優養成所でも厳しく言われる事↓↓↓

声優になるための滑舌を鍛える41の早口言葉

日ナレでも初心に戻って発声・滑舌練習しよう

どんなに滑舌の悪い方でも、一年間毎日欠かさず訓練すれば、見違えるように改善されます。

逆に改善されないのは、余程の理由(身体的に厳しい等)が無ければ、声優不適合者としてのレッテルを貼られるので、気をつけましょう。

安元洋貴氏に学ぶ滑舌と養成所で1番になる重要性

笑いの演技と自然な笑顔を作る技術

日ナレでも基礎科時代から、多くの時間を掛けて笑いの演技に対する重要性を説かれます。

コレが自然に出来るかどうかは大きなポイントであり、進級審査の課題でも頻繁に出題されるので、必ず毎日練習しましょう。

笑いの演技にも色んな種類があるので、色んな引き出しがある人はホント強い↓↓↓

声優を目指すなら笑顔と笑う技術は求められる

笑顔で愛嬌のある人が好機を逃さずに夢を掴む!?

笑いの演技と併せて、”笑顔になる(自然な笑顔を作れる)練習”も絶対やっておくべき!!

宣材写真で笑顔の写真を撮るように言われるし、今後プロ声優として仕事をやるのであれば、嫌でも求められるので…

毎回本番オーディションのつもりで服装や髪型に気を配る

講師の方次第では、あまり口うるさく言われませんが、コチラも毎回オーディションに臨むつもりで、今自分が持っているベストの洋服で臨むなど、自分に合った服装や髪型は日々研究しておいた方が良いでしょう。

日ナレのレッスンでもオシャレな服装で臨もう

日ナレのレッスンや体験入学の服装について

服装や髪型に気を遣うと、次第に清潔感を意識したり、自身の体型の事にも気がまわります。

特に容姿に自信が無いと自覚している方は、尚更気を配りましょう。

上に挙げた3つの練習に関しては、自分の気持ちや意識次第で、今すぐ出来る事です。もし日々どんな訓練を行えば良い分からないと悩んでいるのであれば、まず基本的な上に挙げた3つの事から取り組んでみるのが良いかなと感じます。

役者として声の演技や技術的な事を考える

プロ声優として必ず求められる技術について、日々訓練していなければ、いざ本番で実力を発揮することは出来ません。普段の会話の如く、脊髄で反応出来るレベルまでにはならずとも、意識すれば出来るレベルまでには鍛えましょう。

緩急高低遠近強弱を意識すれば表現は変わるかも

日ナレレッスンの臨み方と題材について考えよう

日ナレのレッスンで絶対に苦労する役作り

先人の知恵を拝借し、マネる事から始める

何も知識が無い状態では、中々演技力も向上しません。

ありきたりですが、過去の先人達の知恵を拝借する意味で、何事も真似る事から本人のオリジナリティーが生まれます。読書しかり、観劇しかり、色んな刺激を受け、自身の感受性を高める事も大切なことです。

役者や声優を志望する人に参考になる芸人5組

声優志望者も観劇三昧で演技力を向上させよう

少なくとも上に挙げた5つの事を意識し、意識するだけでなく、実践出来た人の一年後って、全くの別人くらいに進化していると思います。私自身、過去の自分を振り返っても、さすがに毎日上に挙げた事は出来てませんでした。

+αで講師の方から宿題を色々出されるし、社会人の方は日々のお仕事がお忙しいと思いますが、凡人がプロ声優になるための確立を上げるためには、少なくとも上に挙げた5つの訓練は日々続けるべきかと思われます。

あと張り切るのは良いですが、周りの方への配慮もお忘れなく↓↓↓

声優志望者が自主練習するのに最適な場所4選

いかがだったでしょうか

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

この記事が気に入りましたらシェアしていただけると励みになります!!

スポンサーリンク