声優オーディションで心掛ける9つのポイント

日々の基礎訓練が大事なのは分かるけど、やっぱり気になるのはコレ↓↓↓

どうすればオーディションに受かるの!?

オーディションに受かるコツを、知っているのと知らないのでは雲泥の差が生まれます。

どれだけ売れた俳優&声優でも、ずーーーっとオーディションを受けるとか。今後嫌でも受け続けることになるオーディションについて心掛けた方が良いと言われることを紹介。

どれも大切なことなので、1つの妥協もしないことが望ましいかも…

ここに挙げられた事を実践せずとも合格する方はいるし、逆も然りです。

スポンサーリンク

笑顔&元気な挨拶が基本

とても基本的なことだけど、意外に出来ている人は少なかった。

基本中の基本だけど、言うは易く行うは難しの典型例!!

オーディションや大事な場面だけ意識して笑顔になれても、普段から意識していなければ結構ボロが出ます。是非毎日鏡の前で笑顔になる練習をしましょう!!

ポジティブな成功体験をイメージ

不安な気持ちも分かりますが「落ちたらどうしよう!?」と考えるのではなく、合格するためにどうするかを考えましょう。これとーーーっても大切なこと。

常に自分がオーディションで成功するイメージを持っておくことが何よりも大事!!

全力で勝ちに行く姿勢を崩さないことは、基本中の基本ではないでしょうか。

書類審査で会いたいと思わせる

あなたの魅力を伝えるのは、何も当日の審査だけではありません。

書類審査でもアピール出来ることは沢山あるので、何一つ妥協してはいけない。

言うまでもなく宣材写真は大切、お金を払ってでもスタジオ撮影すること!!

また特技や備考欄など書ける箇所には全て記載し、白紙項目を作らない。意外に筆跡も見られている。書く文字を見れば、その人のイメージも随分と膨らんでくる。汚い字や豆粒のような小さな字など、読み手にマイナスなイメージを印象付ける行為は絶対にNG。

自己PRはポジティブに!!ネガティブ発言はNG

自己PRでネガティブな発言をしてしまうと、審査側にも良い印象は与えられない。もし会社で自分が作った製品をPRする時、ネガティブな発言をするか。例えば「味はイマイチですが、値段は格安なのでオススメです」と言われても、誰も買いたいと思わないよね。

自分が商品であることを忘れてはいけない。

芸能界には、確かに栗原類のようなマイナス・ネガティブなイメージで売り出している方もいるが稀。夢を売る商売、基本はポジティブなイメージを打ち出した方が万人受けする。

また「経験は少ないが頑張ります」「俳優を志しています」と、良かれと思って言った謙遜もマイナスに捉える可能性があるので控えた方が無難かも…

オススメ記事

何が求められるかを事前に考察しておく

オーディションの媒体や内容によって、求められるものも違ってくる。

  • 個性・キャラ
  • かわいさ、かっこよさ、美しさ
  • 面白さ
  • 親近感・素朴さ
  • 清潔感、透明感
  • 空気感・緊張感

何が求められるか事前にじっくり考察し、自分なりに試行錯誤してみる。本番も大事だけど、場当たり的にやっても必ず負け続ける。

もちろん調べるにも、ネットに情報が全て揃っているわけではないので、実際にオーディションを受けてみたり、経験者にアポを取ることも必要でしょう。

強烈な何かで審査側に必ず印象を残すこと

オーディションでは、審査側も短時間で多くの人の同じ内容を見る、100〜1000人と母数が増えるほど、記憶に残る人数は限られてきます。

複数の審査員に好みはあれど、大体記憶に残る人には共通する何かがあると言われています。審査員の記憶に残れるかは、天と地ほどの大きな差になりうるかも…

大変目の肥えた審査員の記憶に残るには、全て平均点より少し上といった汎用的な者では厳しい。とにかく何でも良い、人柄でも雰囲気でも、自己PR、会話の内容、表情、何か一つでも審査員の記憶に残ることを意識したい。

決して大それたことをやるのではなく、商品価値としての魅力や技術を伝えれば良し!!

商品価値があることを自己PR

声優も商売であり、金にならないと判断されれば所属できないし、決して綺麗事だけでは片付けられない現実があります。商品価値とは個性とも捉えられ、人によって答えは違うけど、オーディションで堂々と伝えられることが大切!!

あなたの売りは何か?と問われて、直ぐに答えられるか?

容姿・ルックスに自信がある人は多いに商品価値があると言えるし、トーク力・歌唱力もアピールポイントになり得る。そんな特殊能力ないよと言う人は人柄をアピールしても良い。

その人の人柄が認められるかはその人次第だけど…

緊張した時こそ緊張を隠す演技を!!

受験やオーディションのように、今後の人生が掛かった大舞台であれば必ず緊張します。

緊張するのは当たり前と割り切り、その緊張を悟らせない演技をすれば良い!!

また緊張が審査側に伝わると、変に審査側も気を遣ってしまい、正しく志望者の良いところを見れなくなります。そしてオーディションには合否があり、緊張で全力を出し切れなかったというのは、負け犬の遠吠えに過ぎないです。

役者の世界ではオーディションがつきもの。これから何度も緊張することは目に見えているので、審査側に緊張を見せない演技をするべき

もちろんやり過ぎもNGだけど…

オーディションも次のステップである

最後に見も蓋もないことを書きますが、どうにもならないことだってあります。

どれだけ経験を積んだベテランでさえ、オーディションに落ちることは日常茶飯事で、新人であれば早々一回で受かるとは考えられないです。

数撃ちゃ当たるで、受けまくるしかない。

次のオーディションのため練習くらいの位置付けと捉える

余裕を持って審査員や一緒に受ける周りを観察すると大変参考になります。

オススメ記事

いかがだったでしょうか

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

この記事が気に入りましたらシェアしていただけると励みになります!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク