声優能力検定が役立つのか微妙で怪しいwww

世の中には様々な資格で溢れていますが、資格を持っていても仕事が出来るとは限りません。

そんな資格ビジネスの中には声優の資格もあり、それが声優能力検定と呼ばれるもの。

なんだコレwww(第一印象)

声優能力検定・略して声検と呼ばれているけど、一体どんな資格なんでしょうか!?

ちなみに日ナレの講師や事務局から、この資格を受けるように促されたことは一度も無いし、周りに受けた人を見かけたことは無い。多分受けなくても良いですが、一応調べてみました。

スポンサーリンク

日本声優能力検定協会が主催している

こんな協会があること自体知りませんでしたが、一体どんな方がいるんだろうか。

試験の目的としては、声優の能力を客観的に評価する基準がないので、声優業を職業として志す人に対して技術習得の目標として向学心を高める指標とすると書かれています。

出来たばかりの資格だし、正直目立った実績とか見えづらい。プロ声優の方でこの資格を受けた人っているのかな。多分いないんと思うがTVでロンブーの淳が合格していました。

電話での受験!?試験内容が怪しすぎる

滑舌、朗読、ナレーション、ドラマに分類されているらしい↓↓↓

検定料を支払うことで受験できるけど、斬新なのは電話で自動受験というところ。

宅配便の再配達のように必要事項(受験番号とか)を話した後、指定の課題を読めばシステムが勝手に録音してくれるらしい。

プロ声優!?俳優!?採点は誰がやるのだろうか!?

一番の疑問は誰が採点するのか…

公式HPでは声優能力検定はプロが採点しますと書かれていますが、音声分析プログラムシステムで指定された文章が読み間違えず、時間内に正しく読めているかを判定とも書かれている。

機械で判断するということなのでしょうか!?

プロ声優やそれと同等の人が判断するのではないってこと!?

試験に合格するとどうなるのか!?

以下の3点が記載されています↓↓↓

  • 自信になります!!
  • 自分の実力がわかります!!
  • 証書がもらえます

正直このレベルで変な自信がついても・・・という気がします。

機械での採点のみであれば、滑舌やアクセントは仮に採点できても、役の本質や役作りまでは見れないでしょう。証書も別にいらないし、このレベルでは履歴書にも書けませんよね。

意外に結構な受験料がかかるんです(汗)

1級から5級まであるようですが、一番高い1級が1万円もするようですwww

正直受ける必要あるのか!?

と誰もが思うでしょうけど、完全に声優になりたいと夢を見ている、何も知らない善良な若い子を狙った資格としか思えないです。一応公式HPには合格者の声が載っています。

学生〜社会人と思しき人まで、色々な年代の人が受けているみたい…

養成所に通っていれば、技術的なことは講師が教えてくれるはず。そして出来ていないこと、間違っていることは講師が指摘してくれるので、お金を払ってまで試験を受ける必要はないと思われます。

養成所などに通っていない人にはどうなの!?

正しい発声や滑舌は、プロの人に教えてもらった方が絶対に良いと思います。

独学でやると、変な癖がついてしまう可能性があるしね!!

この試験の不思議なところは、そこらへんのフォローがよく分からない。一般的に知られる試験(漢検や英検など)では、市販の参考書などが発売されているので対策も立てやすい。そして教科書に書かれていることを実践すれば、知識も身につき、点数も取れる。

滑舌は独学でも良いと思う↓↓↓

声優になるための滑舌を鍛える41の早口言葉

ただ声優に必要な技術(アクセント・イントネーション等)って、正しいやり方をしっかりとプロに教えてもらい、それを練習して実践し、誤った練習をしていないかなど、フォローしてもらった方が良いのではと思わなくもないかな。

いかがだったでしょうか

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

この記事が気に入りましたらシェアしていただけると励みになります!!

スポンサーリンク