声優志望者にも役立つ林先生から学ぶ自己PR術

ネットやyoutubeでも、色々な方がオーディション&自己PRについて述べられてます。

正直何が正しくて、何が間違っているのか分かりません(汗)

そんな時にたまたま、林修氏が芸能人の自己PRを添削する番組を目にしました。

声優志望者は勿論、どんな職の方にも参考になることを沢山言われてたので紹介。

当番組では50文字という文字制限があるので、全てのオーディションの自己PRに当てはまるかは分かりません。12人の芸能人に対して、評価が高い順番に紹介。

スポンサーリンク

高畑淳子

経験豊かな人生に支えられた演技力。
驚くほど無防備に身を晒す潔さが
主婦層の強い支持を得ている元気女優

何も添削する箇所がないと言われていました。

世間が高畑氏に抱く演技力・元気であるというポイントが抑えられ、更に世間から支持が得られる理由は中盤に書かれているため、50文字を余すことなく使った自己PRになっています。

結果:1位 90点

品川祐(品川庄司)

サバンナ高橋氏と似た内容でしたが、結果は天と地ほどの差が…

企画の意図をよく理解し、
雛壇からMCとゲストの繋ぎ役として
トークの裏回し、ツッコミを得意としています

受け手に聞きやすい文章を作るためには!?

5W1Hが大切だと言われます。

まず冒頭で『雛壇』という場所(where)を明確にし、単に頑張るという抽象的な言葉ではなく、明確に自分の出来ること(how の部分)をアピールしていること。

冷静に自分を分析した結果が高得点の要因らしく、林先生も修正する点がないとまで言われていました。確かに無駄なく、的確に自己PRされている印象。

結果:2位 85点

おおたわ史絵

職業は医師、林先生と奥様と同じですね。
有難いことに「女性が選ぶ信頼できる女性コメンテーター」1位です

『女性が選ぶ〜』という文章は、他人を使って自分の評価を高める難しい技術だそうです。しかし冒頭の文章が全く不要とバッサリ切られていました。

医師のキャリアに支えられた確かな発言力により、
「女性が選ぶ信頼できる女性コメンテーター」1位を獲得!

林先生の添削では冒頭にwhyを入れて、後半では自分の評価が高いことをアピールできる内容になっています。

結果:3位 80点

和田アキ子

東洋人初の単独公演を
ニューヨーク・アポロシアターにて開催した
日曜日のお昼の顔。
今年で歌手生活45年

東洋人初という最初の文章にインパクトを残し、アピールポイントも3つに抑えられています。

4位までは評価が高いので添削はされていません。

結果:4位 75点

杉村太蔵

外資系証券会社
株式調査部勤務経験あり。
語学堪能。
企業の定性分析に自信。
主に日系半導体にセクターを持つ

こちらも要素詰め込み過ぎで、インパクトが弱い点を指摘されてました。

ちなみに当の本人はWBSへの出演を意識して書かれたとか…

結果:5位 70点

山村紅葉

サスペンスの裏女王。
年間32本!!
舞台では主演を好演
バラエティでは天然ボケ発揮!?
早大政経卒のマルチ女優

自己PRのような短い文章では伝えるべき情報を2〜3に絞るべきだそうです。

上の自己PRみたく、4つもあるとピントがボケてしまうので、以下に添削されていました。

年間32本出演するサスペンスの裏女王は、
実は舞台で主役もこなし、
バラエティーでは天然ボケ全開

数字は受け手に説得力を与えるので、何かアピール出来る数値があれば入れるのは良いかもしれません。明確な数値での実績アピール、天然ボケというパーソナルな人柄が分かる部分もある自己PRになっています。

結果:6位 60点

美奈子(ビッグダディの元嫁)

ビッグダディーの元嫁で有名な美奈子氏が考えた自己PR。

美奈子です
1983年生まれ、30歳ジャスト
6人の子供を持つシングルマザー
再婚、出産願望あり!

50文字の文字制限で、1983年生まれと30歳は重複しているので削るべきと…

そして最も大事なのは、最後の文章である『再婚、出産願望あり!』

ちなみに彼女自身4度の結婚経験があり、1男6女の母親として奮闘。スタジオでも『まだ結婚・出産したいの!?』と散々突っ込まれてましたが、興味を抱くのも事実。

林先生の添削では以下のように修正されています。

30歳で6子を持つシングルマザーも
再婚、出産願望あり!
だって、まだまだ愛されたいし、
愛せるんだから。

なぜ結婚・出産をしたいのか意思を明確に伝え、かつ『愛せる』という言葉であれば、新しい旦那と生まれてくるお子さんの両方に使えるので、敢えてこう書いたらしい。単なる情報をより、本人の意思が感じられる気がします。

自己PRで大切なことは、一番伝えたい言葉を選び、Why(なぜ)で強調する

ことが大切みたいです。

結果:7位 50点

サバンナ高橋

僕は大卒で言葉を大切に使う芸人という仕事なので
この番組には最適だと思います。
そしてガヤも全力投球します。

文章の入り方について、この様に述べられています。

掴みは大切!!最初の文章にインパクトを持たせること

林先生の添削結果がコレ↓↓↓

芸人としてのキャリアを積む中で
鍛え抜かれた言語感覚はこの番組に不可欠。
さらにガヤにも全力投球!!

さすが国語の先生。

敢えて大卒とか入っていると、嫌味に聞こえてしまう場合もあるけど、添削された自己PRは随分無駄がなく、アピールしたい内容、最初のインパクトが全然違う。選ぶ言葉、言葉の組み合わせ次第で、受け手には全く違った印象に聞こえるでしょう。

結果:8位 45点

渡辺徹

刑事からアイドルへ
バラエティーも。
一方で俳優として舞台も続ける。
そんな太っていても
彫の深い万能人間。

要素を詰め込み過ぎると、意図が伝わらないと指摘されていました。

添削内容は公開されず…

結果:9位 40点

入山杏奈

私は現役の高校生です。
AKB48の活動と学業を
両立することは大変ですが
日々楽しみながら頑張っています。

別に悪くはないが、普通の高校生の決意表明と変わらないとの指摘。

確かにそうだと思ったが林先生曰く、もっと自分がAKB48という特別なグループに属していることをアピールすべきと言われています。

現役の高校生よりも、現役の女子高生と書いた方が良いらしい。

添削内容は公開されず…

結果:10位 35点

唐橋ユミ(アナウンサー)

私は一見地味です。
その代わりに味があると言われます。
出会いが大好きですが、
たまに会津訛りが出てしまいます

スタジオでは何を言っているのか分からないとの指摘。

自己PRのような短い文章で、否定的な入り方はマイナスになりやすい。

仮に前半で否定的なことを言うのであれば、それを打ち消して後半に強調することが大切だと言われています。

上の例では、後半部分の文章が崩れているので、上手く強調出来ていない。『出会いが大好き』の文章について、本人は『インタビューが好き』でることを伝えたかったらしいが、受け手には全く伝わらない結果になっている。添削内容は公開されず。

結果:11位 30点

中村昌也

初めまして、中村昌也と申します。
身長は192cmあり、特技はバスケットボールです。
何卒よろしくお願いします。

もう小学生レベルで、ただ背がデカいバスケ好きと揶揄されていたwww

林先生にも自己PRではなく、合コンの挨拶だと言われています。限られた字数の中で定型的な挨拶文は論外だそうです。とにかく中身が薄いの一点張りで突っ込まれています。

結果:12位 25点

全体を通して言えることは以下の通り↓↓↓

  • 冒頭にインパクトを持たせること
  • アピールしたい情報は2〜3に抑えること
  • なるべくマイナスな発言は入れない
  • 受け手がどのような印象を抱くか、言葉を吟味する
  • 可能な限り5W1Hを明確にする
  • 明確な数値は受け手に説得力を与える

いかがだったでしょうか

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

この記事が気に入りましたらシェアしていただけると励みになります!!

スポンサーリンク