声優になりたいならランニングがオススメ

声優と言えばマイクを通して声だけで表現する職業。いわゆる声のスペシャリストですが、どんな声優さんも「声優は役者である」と口を揃えて言われます。

役者は体全体で表現するので、自分の体は資本になる。

同様に声優も役者であるわけですから、役者同様に少しくらいは体を鍛えておいた方が良い。

最も効率良くお金を掛けずに鍛える手段が適度なランニング

ランニングを行うことで、普段の生活にも役立つ嬉しいことを3つご紹介。

スポンサーリンク

とてもシンプルだけど痩せられる

運動すれば痩せるのは、誰でも知っていることですが…

ランニングは有酸素運動の代表格なので、ダイエットに効果があります。

ただし2〜3日ランニングしても痩せる訳ではなく、継続することで自分の体重を一定に保つことができます。体重が大きく増減すると、演者の芝居にも影響あるので、自分の適正な一定体重をキープしておいた方が良いでしょう。

1日を清々しい気分で過ごすことが出来る

ランニングは精神的にも良い効果があると言う方は多いですが、これは科学的にも認められていることです。脳研究の第一人者・久保田競氏と、運動生理学者の田中宏暁氏はランニングが脳を活性化させることを提唱しており、走ることで頭が良く働くらしいです。

体の血がよく巡り、体の機能が順調に働き、血圧が正常化し、尿酸値が低下する。

無理は禁物ですが、適度なランニングは日々の生活にも良い影響を及ぼします。

ストレスが解消され、ご飯がおいしくなる

ランニングで汗をかくことが、爽快感がストレス解消に繋がっています。

脳内伝達物質のセロトニンがが活性化すると自律神経が整えられる。

これにより神経が落ち着き、うつ病の防止にも繋がります。

セロトニンの活性化は、ランニングなど有酸素運動が有効。しかし激しい運動は、反対にセロトニンの活性を鈍らせるらしいので、適度に汗をかくことが大切!!

いかがだったでしょうか

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

この記事が気に入りましたらシェアしていただけると励みになります!!

スポンサーリンク