日ナレの本科で行われるレッスンは!? 必ず意識する4つの演技要素

本科では基礎科以上に、講師によってカリキュラムも色々。

ただ多くの講師が「舞台芝居」を取り入れるので、舞台芝居についてご紹介。

ポイント目線・間・距離感・自然体を考えることが求められます!!

舞台芝居の題材も多種多様です。

  1. シェークスピア

  2. 宮沢賢治

  3. 自分たちで作る

また本科クラスでは、舞台の道へ進むため、日ナレを退所する方もちらほら。

元日ナレ生
良くも悪くも色んな意味で分岐点になりますが、改めてお芝居の難しさに気付けるのも、本科クラスかもしれません。

目線や間は普段は意識せず生活できますが、演技でやれるかは別の話。

また芝居を見て、違和感を感じるのは、幾つか理由があります。

SPONSORED LINK

基本の目線

最初は台本見ながらのお芝居ですが、いずれ台本を手放します。

台本を持たず、いざお芝居やってみると「目線が泳いで曖昧になる」ことが。

本当に目線を指摘される方は多かったです。

ポイント基本は話す対象の目を見る!!

元日ナレ生
自分に自信が無かったり、台本を覚えられていないことの不安や後ろめたさから、ついつい目線が下になりがち。

ドラマを見てると分かりますが、役者さんはしっかりと相手の目を見て話し、テレビに映っている時は、瞬きもせずに相手を見てます。

お芝居は間が命

どの講師の方でも、必ず「間」に関しては大切だと言われます。

他者から何かしらの刺激を受け行動する時、間の変化が起きる事があります。

元日ナレ生
役の心情や状態次第で間が空いたり、逆に会話にかぶさる形で間をつぶしたり…

台本を正しく読めれば、間を入れるのか、潰すのかが分かるのですが難しいです。

適切な距離感

お芝居では「間」に続いて、距離感もすごく大切な要素。

ポイント対象との距離感で声量の大小、対象との関係性で距離感に違いが出る!!

コレ出来ないと誰に伝えたいのか曖昧、単調な演技である印象を与えがちです。

舞台芝居で体を動かしながら、相手との距離感を目で確認することが大切。

元日ナレ生
距離感を表現出来れば、芝居に奥行が出ると言われますが、声優を目指すのであれば、声だけで表現しなければいけません。

本科の舞台芝居では、対象との距離感次第で声や芝居がどう変わるのかを感じれます。

自然体を心掛ける

どうすれば役を演じることが出来るのか!?

元日ナレ生
とにかく台本を死ぬほど何回も読み返し、役のイメージ勿論、役が役として存在できる場所や情景も具体的にイメージ!!

ポイント演者ではなく、役として存在。

本科ではこれを何度も言われるかなと。

役として存在出来れば、受け手に違和感を与えないので自然体でいられます。

元日ナレ生
もちろん基礎科で努力した基礎訓練は、引き続き毎日続ける必要アリ!!

基礎が出来てないと、目線・距離感が表現できても、演技が耳に入ってきません。

SPONSORED LINK