日ナレの基礎科では必ず滑舌とアクセントの訓練を継続しよう

基礎科で必ず意識すべき点があります。

ポイント発声・滑舌・アクセントの基礎練習を続ける(特に才能が無ければ)

才能あっても必要なことですが。

タイトル通り基礎科では、まず「第一に基礎技術の向上」が大切です。

ポイントレッスンは週1回の3時間、残りの6日間と21時間をどう過ごすか。

そして3時間のレッスンはあくまで「成果発表の場」で、かつ他人を見て勉強できる時間。

元日ナレ生
意識して毎日を過ごす方とそうでない方では、1年後に「大きな差」となります。

基礎訓練を疎かにすると痛い目に遭います。

SPONSORED LINK

最低限やるべきこと

最低限これだけは継続しましょう。

  1. 外郎売り

  2. 早口言葉を練習

  3. 言い難い言葉の練習

  4. アクセントを調べる習慣

とは言え、加えて配られた台本を読み込む必要もあるので結構大変。

お仕事されている方はタイムマネージメント+強い精神力が必要。

元日ナレ生
私も社会人として働き、日ナレに通いましたが、言うは易し行うは難しです。

ただ上に書かれていることを実践出来ている人は意外に少ない。

継続的な鍛錬を続ければ、サボっていた人に比べて1年後には相当な差です。

ポイント特に腹式呼吸による発声と滑舌は絶対に毎日訓練しましょう!!

以前とある事務所の社長様がこのように仰ってました。

どんなに魅力的な良い声でも、滑舌が悪い人は絶対に所属させない!!

滑舌は練習すれば改善されるので、工夫して毎日鍛錬すれば大丈夫。

逆に滑舌が改善されない方は、継続的な努力が出来ないとレッテルを貼られます。

お芝居について

講師によって言うことも違いますが、基礎科ではこんな事を言われました。

基礎科では感じたことを思いっきりやれ!!

論理的な解釈をつけて、お芝居するのは少し先でも良いかも。

ただそうは言いつつ、台本は何度も読み返す必要はあります。

元日ナレ生
極端な笑いを取りにいったり、悪ふざけはNG。自信がある方や天才の方は、数回読んで理解出来るのでサボってもOK。

そんな人いないと思いますが…

+αでやるべきこと

基礎科に限らず、今後必要になるのが「自己アピール」です。

何の前触れもなく「30秒or1分間で自己アピールして」と言われることも。

ポイント時計を見ずに30秒/1分の自己アピールが出来ること!!

これって一朝一夕で出来ることじゃないです。

元日ナレ生
コレを実現するために常日頃から、自分のアピールポイントを知っておく必要があり、磨く必要があります。

基礎科でここまで意識される方は少ない。

逆にここまで意識出来れば、ライバルに大きな差をつけられるのも事実。

是非基礎科から、自己PRは悩み抜きましょう。

逆にNGなこと

声優さんの声色だけをマネをして「出来ていると勘違する」方が意外に多い。

ポイント変な癖をつけないことが大事!!

ただ「上達への第一歩は真似ることから入る」とも言われます。

声優さんのマネをするなと言っている訳ではありません(矛盾しますが)

同じこと言って恐縮ですが、最後に改めて大切な事を書くと。

ポイント早口言葉等で地道に滑舌・アクセントを鍛えること!!

コレに尽きます。

SPONSORED LINK