現役プロデューサーが語る”声優の戦い方”とサバイバルガイド

アニメ業界の現役プロデューサーが語る声優業界のサバイバルガイド。

業界の方ならではの”声優としてどう生きるか”など実践的に役立つ事を教えてくれます。

伝えたいのはアニメ声優になり、仕事を続けていくに必要な知識や心構え、テクニックです。具体的には「配役はどのように決まるのか」「オーディションに勝つ方法」といったところです。

確かに上に書いた事が多く書かれています。

元日ナレ生
ただ上記以外にも、声優になるための心構えなどレッスン生にも多くの役立つ知恵が書かれているので、今現在声優を目指している方にも良い本かなと感じます。

気になる方には是非一読頂ければと。

SPONSORED LINK

声優の仕事と向き不向き

第1章では職業としての声優、どんな仕事をするのか、稼げるかなど実情が書かれています。

その中でも著者が考える声優に向いている人の特徴が紹介されてました。

  1. アニメが好き

  2. 声質に特徴がある

  3. 演技が好き

  4. ある程度容姿に恵まれている

  5. 出たがりである

  6. 人と話すのが好き

近年の声優業界の仕事は多岐に渡るので、演技+αが求められると。

声優になるには!?

声優になるには何が一番大切なのでしょうか!?

ポイント絶対声優になると覚悟を決める!!

声優の道はとても厳しく、東京大学入学よりも狭き門ですが、そんな狭き門をくぐって声優となり、声優として仕事を続けて行くために必要な事が書かれていました。

ポイント自分の夢を応援してくれる人を一人でも増やすこと!!

元日ナレ生
そしてお金の重要性にも言及されています。折角目指しても、生活のために多くの時間をアルバイトに費やしては本末転倒。

自分が成長するために時間を使う事が大切!!

声優を目指す人は今すぐ行動してください。1年とか2年とか自分で期限を決め、その間は声優になることに専念し、最大限の努力をしてください。

とにかくすぐ行動に移すことが大切。

【日本ナレーション演技研究所】

オーディションについて

キャスティング(配役)がどのように行われるか紹介されています。

  1. A:主役

  2. B:脇役

  3. C:その他

  4. D:ガヤ

AやBはオーディション(クローズ含む)や制作関係者、または原作者の意向が強く反映されるようで、新人や若手は事務所マネージャーに推薦されてCやDの仕事からのスタート。

ポイントマネージャーに気に入られることは重要!!

元日ナレ生
新人声優は事務所所属後、日頃からマネージャーと交流し、CやDの役を得るために日々奮闘しなければ、現場経験が詰めない可能性もあり得ると。

そしてオーディションで役を得るための条件が興味深いです。

  1. アニメ収録日

  2. 主題歌やキャラソン

  3. ラジオ番組出演

  4. イベント出演

  5. 顔出しプロモ

  6. 他作品出演の制約

上に挙げた点は一見声の仕事とは関係なさそうですが・・・

どうすれば自分がアピールできるかを意識して、日々精進することが大切とのこと。

他にも立場によって求めるものが違うなども挙げられています。

  1. プロデューサー:プロモ効果を高めてくれるか

  2. 原作者:キャラクターのイメージに合うか

  3. 監督:自分の演出に応えてくれるか

  4. 音響監督:候補者の声質が似過ぎていないか

立場によって求める能力も異なるんですね。

オーディションにおいて大切なのは、短い時間の中でキャスティングボードを握る審査側に向けて、どれだけ自分の魅力をアピールできるかです。

本に書かれている内容は、どうすれば事務所に所属出来るかのヒントも書かれています。

声優の現場

声優のアフレコ現場も紹介されています。

アフレコ現場で注意すべき点にも言及。

  1. とにかく音を立てない

  2. 出番が無い時のスマホいじり

  3. 若手は先輩が帰った後に帰る

移動音、台本めくり、お腹の音はアフレコ時の3大ノイズらしいです。

また声優としての演技力を鍛えるにはどうすればよいのか!?

ポイント話す力より聞く力を鍛える

元日ナレ生
絵の世界では描く力より、見る力が大切だと言われているそうですが、絵が下手な人は描くのが下手ではなく、物を正確に見る力が不足してるからだそうです。

演技もまずは聞く力が大切で、その一環としてダビング見学を薦められています。

声優としての心構え

第5章では声優の心構えが書かれています。

これは”どうすれば事務所に所属出来るか”にも通ずる内容です。

特にプロフィール作成において、特技で差をつけるなどは実践的。

また”自分が本当にやりたいことは何か”を考えるのは非常に重要。

<生活の優先順位>

  1. 1.声優の仕事

  2. 2.オーディション

  3. 3.関係者との付き合い

  4. 4.アルバイトやプライベート

レッスン生も含め、最初の頃は生活のためにアルバイトが必須。

ただし若い頃は親戚を頼ってでも、スキルアップが最優先!!

声優になるまで、更に所属してどうするか!?

まさに業界を生き抜くサバイバルガイド本!!

SPONSORED LINK