安元洋貴氏に学ぶ滑舌を鍛える重要性と養成所で1番を目指すこと

声優である安元洋貴さんが、ラジオ番組で人生の生い立ちを語る一幕。

元日ナレ生
安元洋貴さんといえば、シグマ・セブンに所属されており、新報道2001・スーパーサッカーなどナレーションをメインに仕事をされています。

声優を志望される方には、大変興味深いお話をされていました。

SPONSORED LINK

養成所で1番になること

お姉さんの影響で、大学時代からお芝居に触れて以降、役者になりたい気持ちがあったとか。

しかし父親に猛反対された結果、言われた言葉がこれでした。

26歳までに結果を出せ!!

背水の陣で養成所に入所されてます。

元日ナレ生
大学卒業時点で既に23歳、周りには18歳前後の若い学生がばかり。

うわぁ〜、この子達と同じラインになるんだとしたら、出来る出来ないは別にして、クラスで1番にならなきゃ絶対にダメだな。生き残れるはずがねぇ〜。

とても真剣に、かつ不退転の覚悟を持って臨まれてたのが伝わってきます。

ちなみに私が日ナレに在籍していた頃、上の意識を持って臨んでいる方はほぼ皆無。

必死でしたね。本当に必死でした。養成所の同期生の誰よりも、努力した自信があります!!

声を大にして言える方は中々いません。

ポイント養成所のクラスですら、トップを取れない人はその一握りにはなれない!!

声優として飯が食えるのは一握りですからね。

具体的にどんな努力した!?

安元さんは元々出っ歯だったこともあり、滑舌が悪かったようです。

元日ナレ生
滑舌の悪さを克服するために借金して、歯を引っ込めて差し歯にする治療を受けたそうです。

そうすると歯が変わるんで、普段喋れたことが喋りづらくなるんです。それに慣れるために割り箸を噛んで滑舌練習をするんです。

本当に安元さんの言う通りで、元の状態にするだけでもかなりの鍛錬が必要。

ちなみに滑舌練習では、割り箸を噛んで顎を張った状態で発声していたとか。

とりあえずお芝居云々が下手なのはしょうがないんですよ。でも「滑舌って最低限だな」と思って。ここは努力すれば何とかなると思ったので、誰にも負けないようにしようと、何よりもそこを鍛えてましたね。

滑舌の重要性をとにかく言われていました。

芝居のには個性がある

滑舌練習は継続していれば良いですが、お芝居は誰しも何度も悩むこと。

感情云々のお芝居の動きっていうのは「個性」があるから、先生の言われることは意見として一部は取り入れる。しかしそこに自分を無理やり近づけると、単なるジェスチャーになってしまうので、日常生活で感じることを大切にする。

お芝居に対する捉え方は人それぞれ違います。

柔軟に吸収し自分の力にしていくことが求められるのかも。

またどこまで正確に音が出せるか、チューニングが常に出来ているかってことで、常に滑舌の練習だけはやっていた。ずーーーーっとやってましたね。

終始滑舌の練習だけをやり続けていたとか。

一生懸命は当たり前

現場での苦労は勿論ありますが、養成所生時代が一番大変かもと言われていました。

事務所には認識されてない状態なので、そこからコイツには何が出来るかを見せてピックアップされていくか。一生懸命やる中で、何を見せられるか。一生懸命なのは当たり前で誰にでも出来るから、その中でみんなが持っていないものを一生懸命見つけようとした。

自分の強みについては、誰しも頭を抱える問題ですね。

安元さんは「滑舌という一点」を極めた故、強みや進むべきスタイルを確立できたのかなと。

元日ナレ生
日ナレの下位クラス時は、一生懸命にすらなれない方も結構いました。

ポイント自分を変えられず、行き詰まってる人は滑舌を鍛える!!

もう一度滑舌を鍛え直すと、新しい光が見えてくるのかもしれませんよ。

SPONSORED LINK